2dclip

就職氷河期世代フリーターのなんとか仕事をしないで生きる方法を見つけるブログ

消防設備士の勉強をはじめます

スポンサーリンク

f:id:twodclip:20180109222224j:plain 思い立ったら吉日ということで、早速なけなしの金を資格試験のテキストに使いましたよ。
今回買ったのは「わかりやすい!第4種消防設備士試験」という本です。

消防設備士って?

ものすごくざっくり言うと、施設にある消防設備(火災報知器とか消化器等)の点検や整備を行うために設けられた資格といったところですかね。

本当に大雑把ですけど、まだ詳しくわかっていない状態ではじめようとしていますけどね。

試験の内容は、電気に関するもの消防法設備に関するものなど、結構幅広いなあというのが第一印象ですね。

文系の自分でも大丈夫?

高校以来、ほとんど理系科目とか勉強してないんですけどね。

まあ、文系選んだのも、高校の理系の科目の先生がどうも相性が悪くて、成績が伸びなかったので捨てたというレベルなので、アレルギーではないからどうにかなるかなあと。

理系的な話も、分量が大部分を占める感じではないから、どうにかなるかなあと楽観はしているんですけどね。

どういうペースでやるか

ネット調べだとだいたい3ヶ月くらいと書いていますが、僕の場合は夏くらいをメドに受けようと思っています。

年に何回も試験が実施されているので、あせらずに勉強していきたいと思っています。

ただし、絶対年を超さないということは厳守。

練習問題→テキスト

まったく未知の分野の資格試験の場合は、テキストを完璧に覚えようとすると、途中で挫折しやすいかなあと思っています。

当分は、このテキスト内にある練習問題を何回も回す感じでやろうかなと思っています。

問題部分だけはコピーして、それを何回も回す、昔某資格試験でやったような感じでいいのかなあと思います。

上限時間と上限量を決める

やみくもに焦って取るという状況ではないので、1日の量は無理をしない、負担を感じない程度の量でいいかなあと思っています。

特に、1巡目は1単元を何回も回すような感じでもいいのかなあと。

もちろん、時間もだらだらやるのではなく、1時間なら1時間で区切る形にしたいと思っています。

逆に単元が終わってしまったなら、そこで終了という形でいいかなと。

資格試験の勉強自体から離れて結構久しいので、その辺も無理なくやりきれる量と時間でやっていこうかなと思います。
(たぶん、それでやっても数ヶ月で終わる感じはする。ただし、簡単とは思えないけど。)

久しぶりの資格試験の勉強、もちろん仕事を再開する状況も踏まえて、完璧主義にならないようにゆったりと構えてがんばっていきたいと思います。