2dclip

就職氷河期世代フリーターのなんとか仕事をしないで生きる方法を見つけるブログ

Wordpressへの移行 第一の壁「レンタルサーバー」

スポンサーリンク

f:id:twodclip:20171205163624j:plain 以前、同じような記事を書いたときにも感じましたが、はてなからWordpressへ移行する人が後をたちませんね。
僕自身、両方使っていますので、今悩んでいる人にアドバイス的な意味をこめて書いていきたいと思います。

どこのレンタルサーバーがいいのか

移転を考えるときに、「どこのレンタルサーバーにするのか?」ということで悩みます。

僕は、「さくらのレンタルサーバー」と「ロリポップレンタルサーバー」、そして「mixhost」に入っていたことがあります。

サーバー比較表

さくらのレンタルサーバー(スタンダード)ロリポップレンタルサーバー(スタンダード)mixhost(スタンダード)
月額515円600円1380円
容量100GB120GB40GB
初期費用1029円1500円無料

(月額料金は1ヶ月払いの価格です。)
これを見て、わかるように「さくら」と「ロリポップ」は、似通っていますが、「mixhost」はこれらと比べるとやや割高な印象があります。

さくらのレンタルサーバー

Wordpressサイトの初期につかっていたサーバーです。

今も昔もメジャーなレンタルサーバーといったところ。

僕が使っていた当時は、まだ50GBくらいだったのですが、今では100GBになっています。

レンタルサーバーって、どんなもんだろうと思って最初に使うサーバーとしては最適じゃないかなと思います。

あと、初心者は何かと疑問に思うことがあるとは思いますが、「さくら」と「ロリポップ」なら電話サポートもあるので、そういって意味ではおすすめといえます。

ただし、僕の場合、比較的規模の大きいサイトを運営している関係上、トラフィックの増大にやや弱い印象を感じました。
Wordpressでのサイト更新時に「503エラー」(人が多すぎエラー)がやや頻発する傾向があり、これがストレスに感じました。

また、サイトが成長して、容量が足りなくなったりしたときに、プランを変更したい場合、一度解約して別プランに変更しなければならない(当時)仕様でした。
これは、一度サイトをバックアップして、もう一回上げなおしをしなければならないということを意味しているので、長い期間使えるサーバーではないと思い解約しました。
さくらのレンタルサーバ スタンダードのお申込みはこちら(公式ページ)

ロリポップレンタルサーバー

「さくら」と並ぶ二大レンタルサーバーです。

ほぼ、サービス内容も「さくら」と同じ、やや割高ですが、容量も120GBと十分です。

僕は、現在Wordpressはここのサーバーを使っています。

容量のアップ等はシームレスに行うことができ、なおかつ503エラーになるということはあまりありません。(ただし、比較的重く感じるときはある)

ただし、既存の会員向けのPHP7(モジュール版)の対応が遅れています。(問い合わせをすれば対応してくれるらしいが) 新規会員はPHP7はモジュール版対応しているみたいなので、問題はないですけどね。

あと、このレンタルサーバーは過去にサーバーのセキュリティホールからWordpressサイトの改ざんが行われてしまうという事件がありました。
その後セキュリティ強化をしていて、以後そういった問題が起こってはいません。
WordPressを使うならロリポップ!
簡単インストール完備で楽々スタート!

mixhost

パワフルで高速なピュアSSDクラウドレンタルサーバー 去年くらいから急激に伸ばしてきている新興レンタルサーバー。

早い段階からPHP7に対応し、SSD対応

過去、お試しで使ったときには、その処理の速さにびっくりしたものです。

ただし、その分お値段はお高め、容量は少なめです。

僕の場合は、容量の少なさがネックで、継続して使うことはしませんでしたが、普通のブログを快適に使いたいと思う人には選択肢に入ってくると思います。

レンタルサーバーを検索するときの注意点

この投稿はあくまでも、僕が使ったことがあるレンタルサーバーをあげているだけですが、検索をするとこのほかにもさまざまなサイトで、どこのレンタルサーバーがおすすめか出てくると思います。

ただし、一部のサイトは、アフィリエイト報酬目当てで勧めているサイト等もありますので、この辺は注意してみるようにしてください。

なお、今回あげたレンタルサーバーは、いわゆる「アダルト」なサイトの運営も可能(「さくら」と「ロリポップ」は2次元限定、mixhostは全般に可能)です。
それ以外のレンタルサーバーは原則禁止していることが多いので、将来的にそういった分野の運営を考える際には、きちんと規約やFAQ等を熟読して契約したほうがいいでしょう。

(2017.12.25追記)ロリポップは、全面的にアダルト禁止でした。

レンタルサーバーの疑問

複数のサイトを運営できるの?

できます。

Wordpress自体に複数サイト使えるようなプラグインがあります。
が、僕は運営上煩雑になりやすいので、データーベースを複数つくり、Wordpressも複数インストールして、独立したサイトとして運営しています。
特に独自ドメインを複数使うのならこちらのほうが楽だと思います。

バックアップってできるの?

自分自身で、プラグイン等を使ってバックアップすること(自分のPCに落とす)ができます。

また、レンタルサーバーでバックアップオプション(有料)を使えば、こちらで何もしなくても何世代か保存してくれるはずです。

Wordpressのインストールって簡単?

今回紹介したすべてのレンタルサーバーには、簡単インストールみたいな機能があるので、案内にしたがってやれば、ほぼ自動的にインストールされます。

自分でデータベースを作成して、FTPを使ってインストールする方法もあり、慣れるとこちらのほうが簡単ですけどね。(簡単インストールだとデータベース名とか自動でつけられたりしてしまうので、気分的にこちらのほうが僕は好き。)

レンタルサーバーは、お試し期間を使って賢い選択を

今回あげたレンタルサーバーはいずれも「お試し期間」があります。

「さくら」は2週間、「ロリポップ」は10日間、「mixhost」は30日間ですので、その期間内にレンタルサーバーってどんなものだろうと触ってみることをお勧めします。

この際、間違っても「はてなブログ」を移行して試そうなんてしないでくださいね。
とりあえず、Wordpressをインストールしてみて、Wordpressってどんなものなのだろうというのを試してみてください。

人によっては、簡単じゃないかと思う人もいるでしょうし、人によってはやっぱり難しいなと思う人もいると思います。

そこで、使えると思えば移行をすればいいし、そうじゃなければ「はてな」を継続すればいいと思います。

さて、今回は「レンタルサーバー」を中心に話してきましたが、このあとにも立ちはだかる壁があります。

そのあたりのお話はまた後日。