2dclip

就職氷河期世代フリーターのなんとか仕事をしないで生きる方法を見つけるブログ

恋愛経験Lv.10のお話

スポンサーリンク

f:id:twodclip:20171224213701j:plain 以前書いた、恋愛経験初期の頃のお話。
あまり読まれないというカテゴリの記事でありますが、クリスマスイブなので、Lv.10くらいのお話を。

www.2dclip.com

チャットで出会う

レベルが10くらいの頃は、いろいろな手段を使って出会いを求めていました。

チャット等(テキストチャットサービス)とかで出会うことが多かったです。

出会い系はメジャーではない時代だったので、基本的にテキストでお話ししたり、ネットカメラにつないでお話したり、そんな感じでした。

ネットカメラの威力は偉大で、当時は安心して話せるのか結構話が盛り上がった記憶があります。

こういったサービスって、草創期あたりにやっていたりすると、意外と出会うハードルが低かったりします。

ご近所さん

自宅から車で10分くらいの距離に住んでいた女性は、一度出会ってから2年~3年くらい遊び友達になってくれました。(ただし、頻繁に会っていたわけではない)

バツ1の人でしたが、食事に行ったり、子供と一緒にどこかに出かけたり、結局お付き合いまでは至らなかったのですけど、今考えると絶妙なバランスな遊び友達だった気がします。

近かったというのが結構重要で、どちらかが会って話をしたいというときに、すぐに対応できたことが長く関係が続いたのかなあと思います。

結局、再婚することを聞いて、お互いここまでにしようということで終わりましたけどね。

まともな遊び友達としての女性はこの人だけ。

パソコンを教えて

パソコンがまだ普及しはじめたころは、パソコンがわからないから教えてほしいから会ってという人もいたりしました。

そういう口実が使えた時代もあったということですね。

その人は、すこし遠くて待ち合わせもパチンコ店の駐車場という、いかにもな場所で待ち合わせて、その後は焼き肉を食べにいった記憶があります。(パソコンについて教えてくれる代金という名目でおごってもらった)

パソコンのトラブル自体はすぐに解決しましたけどね。(そんなに難しくなかった)

今考えるとこの頃が一番楽しかった

こんな風に女性と遊んでいた時代が一番楽しかったですね。

特に結婚を前提に付き合うというものでなく、遊び友達食べ友達みたいな感じみたいな関係が一番心地よかったです。

あの頃は年上の女性ばかりと遊んでしました。
まあ、年上の女性の場合、お金を全部出してくれたりするので、貧乏学生だった僕にとっては楽しい上にお金の心配をしなくて済んだというのも大きかったのかもしれません。

今となっては、本当夢のようなお話です。
当時は童顔だったということも大きかったのですが、今はただの中年のおっさん。
電車では、自分の隣は一番最後に席が埋まり、変な人ばかりが座ってきたり、出会う女性も距離をとられることばかり。

せめて、どこかに食べに行くみたいな関係の人ができればいいですけど・・・。
本当、さみしい時代になりました。