2dclip

就職氷河期世代フリーターのなんとか仕事をしないで生きる方法を見つけるブログ

恋愛経験Lv.1の時代の話

スポンサーリンク

f:id:twodclip:20171211165619j:plain 現在は、恋愛からかなり距離を置いてしまっている僕ですが、昔は印象深い思い出もあったりするんですよね。

初恋

初めて、恋愛を意識したのは、高校1年のころ。

当時、池袋にある比較的規模の小さな塾に通っていました。 授業があったりもしたのですが、もっぱら自習に行っているような感じでした。

学校の宿題をやったり、たまに問題集を解いたりはしていました。

そこにいた2歳年上の先輩が人を好きになる最初の思い出。

たまたま、その塾の中で仲良くつるんでいた連中のグループに入ることができて、そのときに知り合ったのですけどね。

ボーイッシュな感じだったのですが、ボーイッシュでスポーツができるみたいな感じの子が好きだったので、めちゃくちゃタイプでした。

普段から話をするような仲だったのですが、夏頃に、一回だけ近くにあったパスタの店に食べにいったり、近くの公園の噴水を見ながらお話したりした思い出があります。
そういえば、当時北海道に旅行に行ったときも、その子にいっぱいお土産買っていったっけ。

書いてしまえばなんてことない思い出なんですけど、
今となってはすごくきれいな思い出
になっているんですよね。

もともと、旅行とかが好きみたいで、とある短大の観光学科を目指していたみたいなのですけど、結局、そこには入れなかったみたいで、専門学校に行ったということを後で聞かされました。
本当は、受験が終わった後、その塾に来て会うことがあったら連絡先とか聞きたかったのですけどね。

一時は、僕もそういったところにいけば彼女に会えるかもと思いましたが、英語が壊滅的にダメな僕だったので、あきらめました。

何かと絡んでくる子

思い返すと、何かといろいろ絡んで来る女の子っていませんでしたか?

こっちは、普通にしているのに、ちょっかい出してきたり、ちゃちゃ入れてきたり。

たまたま、どこかでばったり会って昼飯とか普通に一緒に食ったり。

残念なことに、当時は
僕はもてない人間なんだ!
と思い込んでいるところがあって、
自分はそういうの関係ない
からとクールなふりをしているのですけど、実はあとから、
もしかしてこれって?
と思うことがいくつかあって、後悔するんですよ。

顔もよくないし、おしゃれでもないとか思っていたので、
自分はもてない人間
と思い込んでいたんですよね。
実際そうなんですけど、なんというかもしかしたら、自分にもう少し勇気があったら、結果が違っていたかなと思うことがしばしばあります。

高校時代は、暗黒時代だと思い込んでいましたが、思い返すと
チャンスを逃していた時代
だったのかもしれません。(まあ、実際うまくいったかどうかは別として)

失ってからわかる

実際は、その後にきちんと恋愛ができるのですが、まともに恋愛ができたのは社会人になってからなんですよね。

学生時代って、もう少しピュアな気持ちでおつきあいができたのかなと思ったりなんかもしています。

社会人になると、仕事、結婚、子供とかいろいろなことが絡んできて、純粋に「好き」という気持ちだけで成立しなくなっちゃっている感じがするんです。
その分、学生時代は、そこに至るまでの猶予がある分、もう少し肩の力を入れずに恋愛ができたのかなと思っている部分があるんです。

とは言っても、すべては過去の宝石の輝き

今は、特に女性と関わることも少なくなり、結婚も恋愛もしなくていいやと思うような人生を歩んでしまっているからこそ、昔のピュアな恋愛が出来る時代に戻りたいと思うのかもしれません。