2dclip

就職氷河期世代フリーターのなんとか仕事をしないで生きる方法を見つけるブログ

パチンコ依存症から抜け出すことは簡単なことではない

スポンサーリンク

f:id:twodclip:20180111124011j:plain パチンコやパチスロをしに足繁くパチンコ屋に通ってしまう。
依存症状態になるとなかなか抜け出せないのが現状です。

自分は違うという勘違い

パチンコ屋にいくと血眼になって、ギャンブル性の高い台に座っている人を見て、
自分はこいつらとは違うから
と思いつつパチンコを打っていました。

僕自身は、低貸専門なんだし、甘デジしか打たないから、依存してないし大丈夫。
なんて思って打っていました。

だけど、
どう考えても立派な依存症です。

なによりも、パチンコを優先してしまう

たとえば、無職の時にハローワークに行って仕事を探すか、家でじっとしているかというときに、朝のパチンコ屋の開店時間になると気持ちがそわそわしはじめてくることが多かったです。

なにかしらやることがあるのに、それをすっ飛ばして、パチンコ屋に向かっていたなんてことも日常茶飯事でした。

仕事をしているときでも、どうにか平日の誘惑には勝てていましたが、休日になると
今週は、ストレスがたまったから行こう
と、何かにつけてパチンコ屋にいっていました。

たまに、用事があったりして、休日にパチンコ屋に行けないときは、むすっとしながら用事をすませていましたが、なんとしてでも、用事を済ませたら店に行こうと画策していました。

上限を決める

上限を決めて打つということもしました。

しかし、これも最初の数回だけ。

上限を決めて打った次の日に履歴をみると、やめたあとに大爆発していたりすると、もう歯止めが利かなくなります。

そうなると、頭の中のストッパーが外れてしまいます。
上限を上回る投資をして、大負けになったりすることもあたりまえのようにありました。

ごくたまに、大きく突っ込んで、取り戻すなんていう経験をしてしまうと、
上限?なにそれ、おいしいの?モードに入ります。

大勝ちや連勝の記憶

昔、4円で打っていたころに、60万プラスになったときがありました。

この記憶や、勝ち続けている時期の記憶があると、なかなか抜け出せません。

その経験からずいぶん時間が経過しているのに今月はいけるみたいな感じで足繁く通って、振り返ると大きくマイナスになるなんていうことがあたりまえのようにあります。

大勝ちや連勝の快感が忘れられず、今度こそ、今月こそ、今年こそと身の程をわきまえない投資をして、後で大やけどをして、ものすごく後悔をしてしまいます。

駅の広告やパチンコ屋の前を通るとそわそわする

大負けした日とかは、もう二度とやるものかと思っているのですが、もって数日でした。

駅に行くとあたりまえのように新装開店の広告が目に入りますし、パチンコ屋も近所にあるので、きらびやかな光や箱を積んでいるのをみると、行きたい、打ちたい衝動に駆られます。

我慢をし続けけたあとに行くパチンコ屋はまた格別で、たまに上限を決めた範囲内(ふりだしに戻っているので、上限決め打ちはしている。)で、大勝ちしたりするとまた元の木阿弥に戻ってしまいます。

少しでもお金ができると行ってしまう

特に低貸のパチンコができてからは、数千円の臨時収入とかがあると、勝負するかという気持ちになってしまうことが多くなりました。

4円の時代は、まだ万円単位で考えていたので、財布がすっからかんになる頻度は少なかった気がします。

ところが、1円とかだと、千円単位の思考になり、気がつくと財布にお金が入っていないみたいなことが頻繁におこるようになりました。

僕も、最初は1円だとつまらなくて、やっとパチンコからやっと足が洗えるかなと思っていましたが、現実は逆でした。

確かに、負ける額は4円と比べて少ないのですが、負ける回数は増えてしまった気がします。(結局は、同じってこと)

ギャンブル依存症になるとなかなか抜け出せない

ギャンブル依存症の対処法とかいろいろちまたにあふれていますが、僕の中で比較的長く抜け出せたのは、
1.余計なお金がない状態
2.連続した二日間の休日をとらない
3.ゲームセンターでパチをする
(非推奨・結局遊戯していることには変わらない)
という方法でした。

ただ、これらの方法は根本的な解決にはなっていません。

できる限り、パチをする余裕をなくすような方向に持っていくしか方法はないのかなとは思っていますが、じゃあ、どうすれば一番いいのかというのは僕にもわかりません。

一度はじめてしまうと、ハマってしまう可能性があるので、やったことのない人は本当に触れない、近づかない方がいいと思います。(ゲーセンも含む)

パチンコ屋に行かないようにするには

現在、僕も1ヶ月ほど行っていませんが、どこまで行かないでいられるのかは僕にもわかりません。

ただ、なるべく休日はブログの更新資格の勉強等に時間を割こうと思っていますし、行きたいと思っても行かないという強い意思を持つしかないのかなあと思っています。

SNSやブログ等でもたまに目にすることがありますが、幸い自分が打ちたいとか思っている機種を目にすることが少ないので、その辺は平気なのですが、問題は駅の広告等ですね。
どうしても、見てしまいます。
そういった意味で、都市部(うちの地域は店が比較的多い)に住んでいると、禁パチを続けるのは大変だなあとつくづく思います。