2dclip

中年フリーターのなんとか仕事をしないで生きる方法を見つけるブログ

自分のペースでブログを育てていく

スポンサーリンク

f:id:twodclip:20171112184423j:plain 気がつけば、はてなブログをはじめてからもう1ヶ月が経過していました。
ところで、ブログを書いていて楽しいですか?
僕は、結構楽しいと思って書いています。

増えることはうれしいけど

PVの増減って、どうしてもブログをやっていると気になってしまいますよね。

増えるときは本当にうれしい。
減ると悲しい。

ですが、急激なPVの増加はうれしい悲鳴がでる反面、戸惑ってしまうこともありました。

はてなブログの場合、はてなブックマークのトップページに載るとかそういうことがあったりすると急激に増えるのだと思います。

ただし、初期の段階でこういうことがあると、結構一時的だったりするんですよね。

ブログをはじめてから時間が経過していて、ある程度検索流入があるなら別ですけど、初期は一山終わったら、数日後には元の状態に戻っていたりします。

その状態は、まるでお祭りが終わったような気分になるんですよ。

コメンテーターのためのブログ

ブログをはじめたばかりのころって、一生懸命コメント等に答えていると、ファンになってくれる人がいたりします。

投稿すると必ずコメントをくれたりしてくれる人がいて、そういう人には本当に感謝しているのですが、ある日突然パタッとコメントがこなくなるという経験をしています。

今でこそ、「そういうこともあるよね」と思えるようにはなりましたが、最初に経験したときは、
なんか、失礼なことを言ったのかな?
最近、こちらからコメントしないからかな?

とかいろいろ考えちゃうときがありました。

本当のところはわかりませんが、こういうときは自分自身のブログがマンネリ化しているか、相手が忙しくなったんだろうなと思うようにしています。

当時は、ブログの方針とかしっかりしていなかったので、コメントをしてくれる人がコメントをしやすいようなことをテーマにしたりして、ものすごく焦っていたということがありました。

もちろん、僕の実力不足もあるとは思います。

また、ブログをはじめたばかりの頃って、何もかも新鮮でお互い余裕があって、コメントもつけたりするのですけど、長い時間がたつとそうもいかなくなるというのもあるのだとは思います。(実際自分がそうですし)

PV等には一喜一憂しない

これらのことも、経験をしたからこそ、今の考えがあるわけで、最初からPVとかを気にせず書いていけと言われても気にしてしまうとうのが本当のところだとは思います。

ただ一つだけはっきり言えるのは、ほかの人と比べて、なんで自分は少ないのだとか、そういうことは考えないほうがいいです。

はじめたばかりのブログとかを見てみても、ふむふむなるほどなーと思わせるようなことを書いてあったり、日記的な内容でも素直に書いてあったりすると、結構面白かったりするんです。

だからこそ、最初は自分の投げ方でボールを投げていたほうがいいと思うんです。

ブロガーの偉い人がなんて言おうと、手探りでボールをいろんなところに投げてみたほうがいいと思うのです。(「○○すべき」とか「○○のために○○したこと」とかあくまでも参考程度に)

そうすることが、最近増殖している同じようなのっぺらぼうなブログよりも個性が出ていいと思うのですが。

もちろん、これは僕自身の個人的な考えであり強制するものじゃありませんけど、ゆっくりじっくり自分のやり方でブログを育てたほうが、本当楽しいと思いますよ。