2dclip

就職氷河期世代フリーターのなんとか仕事をしないで生きる方法を見つけるブログ

ブログの削除ボタンを押したくなる「魔の3ヶ月目」

スポンサーリンク

f:id:twodclip:20171216174632j:plain 現在このブログは3ヶ月目に入っています。
そう、最初のころの投稿で書いた「魔の3ヶ月目」に入っています。
今回はこの「魔の3ヶ月目」について書いていきたいと思います。

ネタがつきる

3ヶ月目に入ると、ネタの枯渇が顕著になります。

特に経験系の記事ばかりを書いていると、ネタストックが明らかに足りなくなってきます。

同時に、ネタが降りてくるヒラメキの頻度も下がってくるようになります。

このブログの場合、「仕事」と「ブログ」を1日おきに書いてきましたが、とうとう12月の頭くらいに枯渇してきました。
それ以前から、同じような視点の記事を書く傾向もあったので、徐々に2ヶ月目の後半から枯渇しはじめていたのかと思います。

目に見える結果が少なくなってくる

PVが右肩上がりになっているイケイケドンドン状態だと、書くことに関するモチベーションを維持することができますが、これが、ほとんど変化がない、あるいは減少に転じると、書くことがだんだん面倒になってきます。

また、前は結構頻繁にコミュニケーションをとってくれた人がとらなくなってきたりすると、なんだかさみしい気分になってくることもあります。(念のために言っておくと、現状は、そういうことはありません)

こういった、目に見える変化が少なくなってくることもモチベーション低下の原因になっていきます。

このブログも、今月に入って頭に新着入りを果たしてから、逆にPVがその前よりも落ちてしまいました。
先月は、100PVが安定していたのに、今月は、100を下回る日が多くなってきて、何も対策をしないとこのままずるずる減少するかなとちょっと思っているところがあります。(最大の原因は、自分の実力のなさですけどね。)

環境が変化してくる

ブログとは直接関係がないのですが、3ヶ月もすると、仕事の環境や自分の周りの環境が変わってきたりします。

自分も仕事が決まり、来週から仕事をしますが、こういった環境の変化が3ヶ月くらいになると現れてきたりするんじゃないかなと思います。

そうなると、ブログを続けること自体が、以前より難しく感じたりするときもあると思います。

こういった環境の変化が、自分が思っている以上にストレスとなり、やがて
ブログの削除ボタンを押す
遠因になっていることがあります。

僕の場合、この外的環境が急変したときに、ブログを書くモチベーションが急激に低下して、ブログを書くことが極端に面倒になり、気がつくとブログを削除していたなんてことが結構ありました。

理想のブログ像を描かない

このように、3ヶ月目になると、いろいろな現実を突きつけられることが多くなるのかなあと思います。

そういうときは、
ブログってこんなもん
と思っていた方がいいと思います。

ここで、下手に理想のブログを追い求めて、アクセスアップに関するブログ記事を読みあさったりして理想のブログ像を描かないほうがいいと思います。

あくまでも、そういった記事はその人の結果論ですから、自分が当てはまるなんて思わないほうがいいです。

といいつつ、僕自身も、何回かブログを開設しているという経験上、なんども3ヶ月目を体験してますが、結構めげるときはめげます。
だから、あせる気持ちはよくわかります。

だからこそ、平常心が難しいというのもわかります。

直接的な解決策にはなりませんが、この経験が後に生きてくると信じて、書いていくというのが、この時期を抜け出す一つの方法ではないかなと思います。