2dclip

就職氷河期世代フリーターのなんとか仕事をしないで生きる方法を見つけるブログ

艦これ2017秋イベント「捷号決戦!邀撃、レイテ沖海戦(前篇)」感想

スポンサーリンク

f:id:twodclip:20171210200630p:plain 久しぶりの「艦これ」の記事。
あまり、ゲーム記事は読まれない傾向があるけど、気にしないで書きます。

ギミック・ギミック・ギミック

今回のイベントは、後半の海域はギミック尽くしといった感じでした。

僕はE-1(乙)、E-2(乙)、E-3(甲)、E-4(丙)という感じで攻略してきましたが。

正直、E-4のギミックを見て、乙以上でやる気はすでにありませんでした。

最近のイベントは、固定艦等でE風が吹くことが少なくなったのはいいのですが、代わりにいろいろなギミックが増えてきている感じがします。

確かにギミックがあるから、パズルをやるような感覚で面白い部分もあるのですが、E-4は多過ぎじゃね?って思ってしまいました。
まあ、史実絡みでそうなったというのは理解できなくはないけど。

弱体化ギミックなら、攻略レベルを落として無視してやる方法もとれるのですが、ルートギミックは無視する訳にもいかず、E-4は丙でもあんなに面倒なのに、甲乙はどんだけだよと思っていました。

ただし、最後の西村艦隊のボイスは、僕は大泣きしてしまいましたけどね。
今回はこれで救われた感じはしますけど。

育成ゲーム

最近の僕の艦これをやるスタイルは、育成ゲームになりつつあります。

今回のイベントでも、艦娘コンプリート状態は維持できましたし、イベントが終われば、一定レベル以下の艦娘をひたすらレベリングするという感じになっています。

とにかく、地味に2-2とか2-3あたりで、コツコツ任務をこなしつつ、レベリングをするような感じですね。

いわゆる3-4-1のようにレベリング特化した育成方法はとっていません。
なぜなら、キリがないから。
赤疲労等でも出撃できちゃうため、時間をかけ過ぎちゃう傾向になりがちになるんですよね、特化してしまうと。

いずれは、ドロップだけを狙う感じになるかも

今回のイベント、11月の中旬からはじまったのにもかかわらず、終わったのが終了3日前くらいですからね。

とてもじゃないけど、最終海域甲で突破しようとは思えませんでした。

ドロップも、なにげに伊400堀は、過去最高の出現までの回数でしたし、時間がかかりました。

イベント中は、時間が自由に使えたのにもかかわらず、他のブログ等の更新をしながらやりつつもこれだけ時間がかかったので、以降のイベントはもしかしたら、すべて丙でドロップ完全優先にしてやるようになるかもしれないなあと思いました。
作戦変更して、ゲージ戻して、上のランクをやるのも時間がかかりますからね。

ただ、今の僕にとっては、艦これがいい息抜きになっているのも否めないので、ほどほどにしつつやっていこうかなと思っています。