2dclip

就職氷河期世代フリーターのなんとか仕事をしないで生きる方法を見つけるブログ

建設コンサルタントのアルバイトはやめておけ

スポンサーリンク

f:id:twodclip:20171111172652j:plain 僕は、建設コンサルタントの仕事って、本当は結構好きなんですよね。
地図が好きだし、GISソフトとかも触っているとおもしろい。
だけど、アルバイトとして働くならやめておいたほうがいいです。

時給は最低賃金に貼りついている

パソコンをバリバリ使う仕事が多い割に、建設コンサルタントの時給は最低賃金に近いところが多いです。

GISソフトとか特殊なソフトを使うのにも関わらず、本当に安いです。

要求されるパソコンのレベルも、最低限ブラインドタッチぐらいはできないといけませんし、Excelとかの知識も必要なことが多いです。

僕の感覚でいうと、都内で時給1000円、それ以外では950円以上ないと割に合わないなあと思ってしまいます。

大手はさすがにそれくらいの時給だったりしますが、中小は本当に時給が安いです。

役所から安く仕事を取ってくる

この辺は、推測ですが、基本的の建設コンサルタントの主な顧客は役所なんですよ。

役所にはできるだけ安く発注(入札)したいという思惑があって、そういう事情もあって、そのしわ寄せがアルバイトの時給に反映されているのではないかと思います。

どこで削るかというと結局弱いところなんですよね。

安いから融通が利くわけではない

だからといって、安いからある程度のことは目をつぶるよみたいな態度は絶対役所はとりません。

逆に無理難題朝礼暮改なんて当たり前のようにあります。

そして、そのしわ寄せがまたアルバイトの負担になるんですよ。

突然、納期が早くなったり、納期が先だからと高をくくっていると、中間納期がいきなり設定されたり、そのたびに仕事のペースが乱されたり、予定していたことができなくなったりと本当に理不尽な業界です。

体育会系

建設コンサルタントは、現場にも行ったりします。

事務で入ると、そこまではやることはまれですが、全体的な会社の雰囲気はそれゆえに体育会系であることが多いですね。

そういう雰囲気が嫌いではない人にはいいかもしれませんが、僕は苦手なんですよねえ。

要は、町中でビルとか建てている人とかの雰囲気と似ている(同一ではないが)部分があって、個人的につきあう分には面倒見がよくてそういう人嫌いではないのですけど、組織となると僕はだめですね。

内勤中心なので、基本的に怒号が飛び交うなんてことはほとんどありませんが、根っこの雰囲気は似ていると思います。

年度末に仕事が集中

前述したとおり、役所絡みなので、年度末は特に忙しくなります。

アルバイトでも残業は普通に発生しますし、社員なんて見ていると2~3月は家に帰れているの?っていうくらい忙しくなる人もいます。

たまに、この繁忙期にアルバイトの募集をしている建設コンサルタントがあったりしますが、その時期に大量に募集をしていたら、ほぼ地雷間違いなしと思ったほうがいいかも。

繁忙期前に大量に辞めている可能性があります。

8~9月の閑散期に募集をかけるところは、大丈夫だと思いますが、年が明けたあたりに募集をかけるようなところは危ないと考えておいたほうがいいと思います。

時給と仕事に要求されるスキルがアンバランス

結論から言うと、建設コンサルタントは人材育成という面において体育会系の気質があり、要求される仕事のスキルは「パソコンができます」程度だと苦労すると思います。

少なくとも、Excelの操作は普通にできて、簡単な関数なら人に聞かなくてもわかる程度のスキルがないと厳しいです。

それなのに、時給は本当に安い。

数年前に、緊急雇用という名の雇用対策が取られたときがありますが、そのときは時給は1000円レベルでなおかつ、人材を育成するという名目で仕事が割り振られていた時期があり、このときに建設コンサルタントも結構人を採用していたみたいです。

このときは、緊急雇用の趣旨できちんと教育をする義務が課せられていたため、時給と仕事のレベルのバランスが取れていた時期がありました。

しかし、現在はそのような制度もなく(対象がかなり限定されている)、細かな教育しないですむレベルの人を安くこき使う感じになっています。

時給は安い(ゆえに人が集まらない)ので、スキルさえあれば、結構受かりやすい部分もありますが、建設コンサルタントはやめておいたほうがいいと僕は思っています。