2dclip

就職氷河期世代フリーターのなんとか仕事をしないで生きる方法を見つけるブログ

回遊性ファーストにしたブログにしたくない理由

スポンサーリンク

f:id:twodclip:20180113172531j:plain テレビ番組を見ていると、よく目にする、ゲストに絡めた番宣。
なんというか、あれをよく目にするようになってからテレビをあまり見なくなったような気がするんですよね。

流れを止める

バラエティ番組とかを見ていて、そこに出演するゲストが出ているドラマの番宣とかありますけど、どんなに面白い番組でもあれで一気に冷めてしまうんですよね。

僕の個人的な感想を言わせてもらうと、CMの枠内でやるだけでいいでしょ!って思ってしまいます。

現在、とくにお気に入りの俳優さんとかいないのと、テレビドラマはあまり好きではないというのもありますけど、なんか浅ましく感じてしまうんですよね。

SNSでも最近見かけるように

これに類するものとして、特に大きくバズったツイートに出てくる、
「バズったついでに宣伝しておきまーす」
みたいなツイート。

はっきりいって、大嫌いです。

あれが、リプライの上位に出てくると、なんか頭くるんですよね。

自由にやればいい

だからといって、SNSについては、それをやめろとかは強くはいいません。
自由にやればいいじゃないかな。
ただ、僕の中では、あまりそういったツイートをリツイとかはしたくないなあとは思いますけどね。

僕なんかは、大きく伸びたツイートとかは、ツイートした人のプロフィールとか見て、どんな投稿をしているのか見ていますけどね。
そこで、この人はこういう考えなんだとか新たな発見があるから好きですけどね。

ブログを書く意識の変化

僕は、一つ一つの投稿は、短編の物語だと考えています。

ですので、必要以上に内部リンクを貼ったりして、いろいろな記事を読んでもらいたいとは思っていないです。

また、僕は時間の経過とともに、ブログに対する考え方は変化してきています。

最近は、何でもいいから書けばいいという段階は卒業をしたと思っています。

はじめの一歩は、何でもいいから書けばいいという感じでいいと思うのですけど、最近は読んでもらえるブログにするべきかなと思い始めています。

読んでもらえるブログとは

これは、最初から意識しているのですけど、はてなブログの場合は共感されることと共感する記事が大事じゃないのかなと思っています。

最近は、ネタがないのもありますけど、いろいろなジャンルの記事を書いてきましたが、やっぱり共感されるような記事を書いている方が楽しいですし、他のブログで共感したという記事も同じように書いていて楽しいなと思っています。

SEOとかは多少意識した書き方をしますけど、ガチガチに意識はしていません。

離脱率がうんたらかんたらとか、滞在時間がうんたらかんたらとか考えると本当キリがないし、そういうブログは書いていてつまらないんです。

もちろん、これにもデメリットはあります。
とにかく、このブログのSEOは弱めなので、検索流入がほとんどありません。
記事を書かない日は、夜になっても1桁PVなんてざらにあります。

しかし、いろいろ試行錯誤しましたが、やっぱり共感を大事にして書いていきたいと思います。

12月の前半を境に、ブログ的には苦境の状態が続いていますけど、いつか反転攻勢になる日を夢見て、今日の記事は締めたいと思います。