2dclip

就職氷河期世代フリーターのなんとか仕事をしないで生きる方法を見つけるブログ

はてなブログは雑記ブログ、Wordpressは特化ブログにしている理由

スポンサーリンク

f:id:twodclip:20171229170808p:plain

はてなブログは、このブログを読んでもらうとわかると思いますが、雑記です。
何でもありです。

はてなを特化にするのはもったいない

あくまでも個人の考えなのですが、はてなブログを特化にした場合、その特化された内容に興味がない場合、興味がある人しか集まらないという印象があります。

例えば、僕のブログで「艦これ」の話をずっと書いていても、最初の頃は読まれていても、時間がたてば「またか」と思われて、次第に読まれなくなると思います。
ここまでやってきて思うのが、意外とサブカルチャー系の記事は文化論とかそういった話でない限り読まれにくい傾向があると感じています。

はてなブログで運営する上で、よく読まれる記事は、
共感を得られる記事
または
議論になる記事
なんじゃないかなとおぼろげながら最近感じています。

なので、「艦これ」の記事であげるなら、艦これ論みたいな記事にしないとなかなか読まれないのではないかと思います。

Wordpressを特化に推奨する理由

Wordpressの場合は、はてなとは逆に特化にしたほうがいいと思っています。

特化の場合、とにもかくにも検索流入が命です。

そういった意味で、Wordpressは検索流入を意識した運営がしやすい面があります。

はてなでは、未だにHTTPS化されていない現状や最近のGoogleの検索結果を見ているとやや不利な状況になっていると思います。

僕も、Wordpressは一つのことに特化したブログにしています。

SNSも完全に切り分けていて、このブログのアカウントは、個人的なつぶやきとかしていますけど、Wordpressに紐付けているアカウントは、ほぼ更新情報のみです。
ちなみに、フォロワーは5000人を超えています。(ドヤ顔

ドヤ顔はしましたけど、必要としている情報の分母が大きければ、その分フォロワーは増えやすいので、特化のブログの場合、その分母が多いだけで、割合から言うとたいしたことがないとは思います。(なお、特化ブログの内容はこちらでは非公開です。)

SNSも、特化と雑記とで分けたほうがいいと思います。(特に全くブログの内容が違うような場合)

はてなを雑記に推奨する理由

はてなの場合、やはりブログ主とのコミュニケーションがとりやすいというのが大きいかなと感じています。

そういった意味で、オピニオン記事や様々なバリエーションの記事をあげた方が、幅広い人とつながることができるんじゃないかなと思います。

「バラエティチャンネル」がはてなブログで、「専門チャンネル」はWordpressなのではないかと思います。

バラエティチャンネルに、いきなりディスカバリーチャンネルみたいな内容が流れても、違和感しか感じないと思います。

あと、潜在的な読者がいるのに、専門に特化してしまうと、そういった人々の関心を取りっぱぐれている気がしてしまうんです。(この辺は考え方にもよるとは思いますけど。)

得手不得手をうまく使い分ける

はてなブログの場合は、現状はてなブログのユーザーの動き一つに注意していくブログ運営になるかなあと思います。

Wordpressの場合は、とにかく検索と自由度の高いサイト設計(ユーザビリティの向上)ができる点かなあと思います。

もちろん、はてなで、特化ブログをするなというわけではないです。(逆も)

もし、思ったほど結果が出ないという悩みがあるのであれば、そもそものプラットフォームを間違っている可能性もあるので、一つの参考になればと思います。