2dclip

就職氷河期世代フリーターのなんとか仕事をしないで生きる方法を見つけるブログ

はてなブログを辞めようと思っている人へ

スポンサーリンク

f:id:twodclip:20171227162222p:plain

ブログを辞めたくなるとき。
何事にも、壁にぶち当たったり、思うような成果が出ないときってあります。
ものすごく、その気持ちわかります。

ブログを書くことに疲れてきていませんか?

一生懸命記事を書いてもなかなかPVが増えない。
渾身の記事を書いても反応が薄い。

そんな状態になることはありませんか?

最初の数ヶ月は、それでもやる気の方が上回っていて、ネガティブな気持ちが抑えられているのですが、時間が経過すると
ブログを書くことが楽しくないなあ
なんて思いはじめることがあると思います。

この状態にひとたびなると、その後はネガティブのスパイラル状態になってくるんじゃないかなと思います。

反応がなくて嘆いている人へ

はてなブックマークやSNSでの反応が薄く、なんだか「壁に向かって書いている」みたいな状態の人いると思います。

はじめた頃は、「おめでとー」とか「読者になりましたー」とか反応があるのですが、ある時期を境にパタッと静かになることがあると思います。

僕は、このパタッと静かになるのを「凪の状態」と言っているのですが、この状態が普通のブログの姿だと思っています。

はてなは、コミュニケーションを取りやすいしくみがあるのですが、他のブログではそんなものがありません。
もともと、「凪の状態」がデフォルトなんです。

はてなから、Wordpressに移行すると、この「凪の状態」が当たり前です。
Wordpressは、何も手立てをしなければ検索流入頼みですから、反応なんてほとんどないと思います。

反応がほしければ自分から動け

記事を書いて反応が多い人は、やっぱり自分からも能動的に動いている人が多い気がします。

SNSとかをうまく活用して、自分からいろいろなところに情報提供をしたり、丁寧に反応に応えていたり、ほかの人の記事をうまく取り上げたりと、自分から動いている感じがします。

だからといって、やみくもに反応しろとは言いません。

僕自身の考えですけど、いわゆる「コメントをくれたからお礼にコメントする」というスタンスは取っていません。

やっぱり、読者のブログを見ていると、共感できる人もいれば、共感できない人もいます。

置かれている立場や興味の度合いが人によって違うのに、やっぱり興味がないことにコメントをするのは僕にはできません。

なので、一概に何でもいいから動けなんてことはいいません。

今、反応をくれる人を大切に

「凪の状態」の時、それでもなんらかのアクションをくれる人というのは、結構純粋な(純化という意味)読者なのかなと思っています。

最初の頃に、反応が来やすいのは当たり前なのですが、静かなときに、それでも何らかの反応をくれるのだから、そういう人は大切にしたいなあと思っています。

もちろん、記事の内容によっては反応がないのは当然の記事なんていうのもあると思っているので(感情のままに書き殴った記事等)、反応があるのが当然なんて思わない方がいいと思います。

それよりも、反応ばかりを気にして、本来書きたかったことが書けないほうが不幸だと思っています。

自分の興味を記事に

最初の頃から言っていることですが、PVや反応を気にしすぎて、自分が興味がないものについて書くことはしていません。

テレビ番組を記事にしても、テレビ自体にあまり興味がないし、仮想通貨が話題になっていても、「あ、そう、ふーん」程度しか思っていません。

でも、自分が興味があることなら、それを文章化していけばそれでいいと思っているところがあります。

確かに、「どうせ、この手の記事は読まれないんだよなあ」と思って書いた記事もあります。
でも、そこに自分が興味を持ってしまったのだから仕方がありません。

だから、改めてPVや反応を目標にした記事は書くべきではないと思って、最初からずっとそのスタンスでいます。

読者の記事やSNSで見た記事は気にしない

たまに、記事内容について「~はすべきではない」という記事を見かけることがあります。

でも、僕はブログは本当に本人の好きに書けばいいという立場なので、「~すべきではない」というのは、参考程度にしたほうがいいと思います。
同様に「~すべき」とかもです。

特に、読者が増えてきて、いろいろな情報が目につくようになると、自分のやってることが本当に「正しい」のか疑問に感じてくる時ってあると思います。

ブログに「正解」はありません。

だから、自分の思ったことを自分の言葉で書いていく。
このことを忘れなければ、今のブログがどんな状態であれ、間違ってはいないと思います。

ということを、同時に自分自身にも言い聞かせながら、最近はブログを書いています。