2dclip

就職氷河期世代フリーターのなんとか仕事をしないで生きる方法を見つけるブログ

はてなブログの原風景

スポンサーリンク

f:id:twodclip:20180114164924j:plain ホームページビルダーでしこしこサイトを作っていたころ、「はてな」という会社の存在を知った。
当時は、変な会社だなあと思っていた反面、なんか面白そうだなとも思っていた。

はじめて「はてなブログ」に触れた時

僕自身、現在は、はてなブログとWordpressでブログをいじっている人間だが、アメブロもライブドアブログもやったことがある。

ライブドアブログは、例の社長さんが逮捕される前後あたりに、検索に強いと言われていた時代があった。

ただ、その後にライブドアブログの雲行きが怪しくなり、有料サービスをやめたときに、はてなブログをいじったことがある。

当時は、Wordpressでのサイト運営に傾いていたこともあって、はてなブログの不自由さ有料ブログサービスとしては比較的高いというイメージがあって、数日ではてなブログを消した。

プロブロガー時代のはてな

次に、はてなブログに触れたのは、数年前、ちょうどブログで飯を食うみたいなのが流行していたころ。

「好きなことをして生きていく」
みたいなことがカッケーとおもっていた時期もあった。

そんな流れに乗るなら今しかないと思って、はてなブログをはじめた時期もあった。

しかし当時、運良く自分のWordpress運営サイトが、検索上位に載りはじめて収益がぽんぽんと上がるようになった。
そうすると、Wordpressで書いていたほうが楽しいし、お金も入るし、そっちに注力しようと思うようになった。

そして、また僕の「はてなブログ」は短命に終わる。

個人ブログ苦境の時代のはてな

そして、今。

去年の春にGoogleのアップデートで、Wordpress運営サイトは、7割減という憂き目にあう。
また、ほぼ同じような時期に、サイト運営上必要な情報のレギュレーションの変更があり、Wordpressサイトを全面的に見直さないといけなくなってしまった。

そのため、9割減となり、月に万単位で収益をあげていたサイトが数百円のレベルになってしまう。

そんなときに、「はてなブログ」をはじめた。

はじめてみると、数年前まで大御所と言われていたはてなブロガーは、軒並みWordpressで運営をしていたりして、すでに「はてなブログ」には存在していなかった。

SEO的にも、「はてなブログ」がいいという評判だったが、SSLの対応が遅れるみたいなことが運営から発表されたりして、どんどんはてなブログからWordpressへ移行する人が増えていった、そんな時にはじめた。

はてならしさが戻ってきた

僕は、昔触れたことはあっても、どっぷりつかってきたわけではないので、細かい変遷は知らない。

ただ、数年前まであった、金の匂いがここ最近のはてなからは抜けてきた感じがする。(仮想通貨的なものは別だけど)

初心者が、ノウハウを得るためにお金をつぎ込むみたいなシステムが、ここ最近消えてきている気がする。(仮想通貨的なものは別だけど)

たぶん、数年前と比べると「はてなブログって元気ないよね」と思う。

でも、少しだけ垣間見た昔の「はてなブログ」は、自分の好きなことを好きに書いて、ちょっとだけSEOを意識して書いたりしているような気軽なものだった。

それが、今の「はてなブログ」には、少しだけ戻ってきている感じがする。

だから、今の「はてなブログ」は嫌いじゃない。