2dclip

就職氷河期世代フリーターのなんとか仕事をしないで生きる方法を見つけるブログ

「1ヶ月の振り返り」は必要なのか

スポンサーリンク

f:id:twodclip:20180103191200j:plain 月末から月初にかけて投稿される「1ヶ月の振り返り」
僕もやってはいますが、今日はこのことについて。

モチベーション維持のため

僕の場合、基本的にモチベーション維持のためにやっています。

僕の場合、そうしないと反省しないまま、とりあえず現状維持でダラダラと書いていってしまう気がするので、文章化をして、自分の中で整理している部分があります。

また、情報開示という側面もあります。

例えば、自分のブログに人が来なくなっているけど、全体的にそうなのかな?っていうのを確認したりしませんか?

そういったときに、この情報があると結構参考になるんですよね。

それで無駄なあがきをしないで、平常心で次の月も書き続けても大丈夫とか方針が決められるという点でも参考にしている部分があります。

自分のケースが他の人にあてはまるとは限らない

あまり情報を公開してしまうと、ノウハウを人に真似されて、相対的に自分のブログのポジションが下がるのではないかという危惧もわからないわけではありませんが、
僕のブログは、それを危惧するくらいの規模のブログではない
ので、正直現状は全然気にしていません。

というか、経験系の記事が多いので、まったく同じような人生を送っているやつなんていねーよなんて思っています。

経験って、自分しか持っていない強みだと思うのですよ。
だから、もし真似されても、ノウハウを盗んで真似するなら真似してみろよと思っています。(笑)

いずれにせよ、そんなに今の自分のブログは、そんなことをされるようなブログではないと思っているので、この辺も気にしていませんね。

特に初期の頃は、振り返りも大事だと思う

初期の頃は「1ヶ月の振り返り」は大事だと思うのです。

最初って、手探りでやっている部分ってありますよね。
そういうときに、1ヶ月を振り返りながら、自分の悩んでいることとかを素直に書いていいと思うのですよ。

たまに、アドバイスをしてくれたり、「俺も同じだよー」とか言ってくれる人が現れてくれたりすると思いますよ。

もちろん、絶対にそういうアドバイスがありますよなんて言いませんが、共感を持ってくれる人がいるんだ(直接コメントがなくても)と思うと思わないとでは全然違うと思うのです。

「振り返り」を卒業する時

ただし、僕はある程度時間が経過して、PVをほどほどに集められるようになったら、その公開をやめるというのもありだと思っています。

PVが少ない頃は、あまり感じませんが、バズを何度も経験をしたり、安定して多くのPVをとれるようになると、それに嫉妬する人が出てきます。

たいしたブログじゃねーのに
とか
はいはい炎上商法、炎上商法 って言う人が出てくると思います。

たまに、有名なブロガーとか検索すると出ません?
「○○(有名ブロガーの名前) 嫌い」
とか。

こういう状態になると、PVとかの公開はアンチな人にとっては、ただのガソリンになるので、規模が大きくなってきたら、「振り返り」の公開はやめたほうがいいのかもしれまえせん。

収益の公開はやめたほうがいい

いずれの場合にせよ、収益の公開はやめたほうがいいと思います。

たまに、アドセンスとかの画面を公開している人もいますが、あれも見る人によっては、
アフィカス乙
とか言われるのが関の山です。

100円でも結果が出るとうれしくて舞い上がってしまうのは、ものすごく気持ちがわかります。

ただ、お金は一番嫉妬を買いやすいと思うので、最初から公開をしないという方針でいた方がいいかもしれません。

PVとかは、たとえば、そのブログに広告を出したいという人がいると参考にはなりますが、アドセンスの収益額などは公開したところで、ただの自慢にしか写らない可能性があります。

余計な面倒ごとを避けるためにも、アドセンスとかの金額を公開するのは僕は避けています。

不要論もあるけれど

人によっては、ただの自慢と写ってしまう「1ヶ月の振り返り」

僕は、モチベーションブログの方向性を冷静に考えるきっかけになるという点で、必要なことだと思っています。

前述したように未来永劫すべきだとは思っていません。

その辺をうまく活用して振り返るのは悪いことではないと思います。