2dclip

就職氷河期世代フリーターのなんとか仕事をしないで生きる方法を見つけるブログ

僕がブログを辞めた理由

スポンサーリンク

f:id:twodclip:20171027200512j:plain 僕も、Wordpressのブログを何度も辞めたりしたことがあります。
読んでいるブログで気になる記事があったので、僕が辞める理由を書いていきたいと思います。 www.tamashii-yusaburuyo.work

理想のブログの形と乖離

ブログを始める前に、ああしようとかこうしようとか思うのですが、実際ブログを始めるといろいろなことをするためにいろいろ面倒になってしまうことがよくあります。

こうすれば、人が集まるかなあとかいろいろ考えるのですが、そういう時に限って、それをするために事前にいろいろしなければならなくて、準備作業だけで投げ出したくなります。

準備作業の壁を超えても、日々の更新作業が膨大になって、結局、
これ無理
という感じでやめてしまうことがあります。

特に、特定の分野のニュースサイトなんかを作ろうとやっていたときは、情報を集めるだけで精一杯で、その後の選別や記事化の作業をやるころは疲労困憊なんていうことがありました。

人が来ない

Wordpressで運営されたことがある方なら経験があると思いますが、はじめたばかりのブログで、新規の独自ドメインなんかではじめた時なんかは、数週間PVが一桁とか当たり前にありますからね。

もちろん、SNSで拡散すればもう少しは来ますが、はてなブログを開始から1週間くらいのアクセスの状態が数ヶ月続くと想像していただければわかると思いますが、人がこなくて、モチベーションを維持するのが難しくなります。

僕は、この状態を
「壁に話し続けている状態」
と呼んでいるのですが、1ヶ月くらいで書くのがばからしくなってしまって閉鎖なんてことがありました。

手を広げすぎて収拾がつかなくなる

最初の理由と似ているのですが、数ヶ月の無風状態から抜け出して、そこそこ人が来るようになると、もっとアクセスを伸ばしたい、もっと収益をあげたいと欲がでてくるときがあります。

こういう時、たいていブログ内容の多角化を図ることが多いです。

これまで、とりあげなかった分野をピックアップするようになるのですが、いつしか最初の理由と同じように、作業量が膨大になり、
これ無理
となって、ブログを閉鎖なんていこともありました。

ブログが乗っ取られた

上に掲げてきたものは、内的要因ですが、外的要因もあります。

ブログが乗っ取られてしまったことがあります。

もう、昔の話ですが、使っているレンタルサーバーの脆弱な部分をつかれて、ブログを書き換えられたという経験があります。

もちろん、僕自身もデフォルトの状態で使っていたセキュリティの甘さもありますが、このときは、比較的続いていたブログが消されたことで、かなりダメージが大きかったですね。

しかも、そのときはレンタルサーバーで復旧してくれたのに、あわてた僕は消してしまったんですよね。
レンタルサーバー側で、いろいろアナウンスしていたみたいなんですけど、そういうときに限って仕事が忙しくて逐一チェック出来ない状態で、僕もあせってしまったんですよ。
あのときは、本当もったいないことをしたなあと思います。

はてなブログのリスク

これまで、Wordpressでのことを書いてきましたが、はてなブログにも辞めてしまうリスクはあると思います。

たとえば、
炎上をしたことによってブログを削除
誹謗中傷をされた、またはしてしまったことによってブログを削除
急激にアクセスが減少しブログを削除
はてなのサービスが変わってブログを削除

いろいろなことが想定されます。

ブログを続けることって、結構大変なことだと思います。

今のところは、PVが増えていったり、読者が増えていったりするのが本当に楽しいです。

たぶん、どこかでその両者が頭打ちになった時に、本当の勝負が始まるんだろうなと覚悟しているところです。