2dclip

就職氷河期世代フリーターのなんとか仕事をしないで生きる方法を見つけるブログ

ブログは外で書こう

スポンサーリンク

f:id:twodclip:20171028212911j:plain はてなブログをどこで書くか、いろいろ試してみて、僕なりの答えが出たので書いていきたいと思います。

図書館

図書館で書くという方法も考えましたが、意外とそこのカードがないと座れないというところが多くて、自宅近くの図書館なら大丈夫ですが、出先でふらっと図書館で書こうと思っても使えない(使いにくい)ということが多いです。

また、本来なら図書館の資料・研究のためにPC専用席があるというのが前提なので、本来目的以外で使うということに後ろめたさがあります。

コストがかからないので本来なら一番いいのですけどね。

電車の中

スマホを使うという前提なら、電車の中もありだとは思います。

ただし僕の場合、スマホの入力は、キーボードでの入力ほど速く書くことができません。

あと、電車の場合、周りの目がどうしても気になってしまいます。

どうしても、覗かれているのではないかという不安が常につきまとってしまいます。

ボックス席なら、やや書きやすいですけど、それでも混雑している車内では難しいかなと思ってしまいます。

グリーン席なら平気ですかね。 追加のコストはかかりますけど。

ただし、電車に乗ってグリーン席で書こうと思って挑戦しましたが、外の景色を見ることに集中してしまい、はかどりませんでした。

ネットカフェ

隔離された空間で書くことができるので、悪くはないと思います。

コストパフォーマンスを考えるとややコストがかかりすぎるとは思いますね。

ラウンジ席なら、そこまでコストパフォーマンスが悪くないので使うという手はあると思いますが、郊外型のネットカフェの場合は、ラウンジ席がないところが多いですね。

ただし、本当に集中したい場合や、衆目にさらされたくないサイトを更新したい(笑)場合は、有効ではあると思います。

カフェ

結論から言うと、カフェが一番僕は書きやすいです。

壁を背にした席にすれば、まず人の目が気になりません。

また、適度なうるささ(混雑しているカフェは除く)と音楽が逆に効率をよくしている感じがします。

ネットカフェの場合、静かすぎて書いているうちに眠くなってしまうことがあるんですよ。

もちろん、混雑しているカフェは避けます。

性格上混雑している店で長居はしたくないので、午前中の早い時間に使うことが多いです。

外出時にブログにかける時間は1時間以内

カフェ等にいる時間は、1時間以内というルールにしています。

外食等をしてもできるだけ早く済ませたいタイプの人間なので、何時間も同じ場所にいられないとう性格もあるので・・・。

また、だいたい1時間くらいたつと、店に人がぽつぽつ来るようになり、そこそこ人がいる状態になるので、話し声とかでうるさくなってくるんですよ。

休日の場合は、こんな感じでカフェではてなブログを書いて、その他の運営サイトは自宅で作業をしています。

外で書いた方が効率がいい理由

はてなブログを外で書いた方がいいと思うのは、タブレット・キーボード・スマホさえ持っていけば、そこで作業ができます。

また、余計な情報が目に入りにくくて、集中できるのも大きいです。

自宅の場合、家族が話しかけてきたり、パソコンで別のことをしてしまったり、意外と「ブログを書く」環境としては適していない気もするんですよね。

実際、カフェと自宅で同じ量の文章を書くのにかかる時間は、カフェのほうが短い気がします。

ブログのアップは、自宅で行う

ブログの作業全部を外ではしないようにしています。

というのも、タブレットで使っているキーボードが自宅と違い、結構入力ミスとかしていたり、変な改行をしていたりすることがあるので、ブログアップ前のチェックは、必ず自宅で行うようにしています。

ちなみに、ブログを書くときのエディタは、Evernoteを使っています。

はてなブログと連携ができてシームレスに投稿できます。 Markdown記法で書いていれば、見出しとかもきちんと反映されるので、かなり楽です。

これがあるからはてなブログを使っているといっても過言ではありません。

最適な場所は人それぞれ

学生のころ勉強がはかどる場所って、自分の机とは限らなかったと同じように、人それぞれ最適な場所は違うと思います。

カフェのうるささもダメだという人もいるでしょうし、ネットカフェは雰囲気がねという人もいると思います。

図書館でも、そんなに規則がうるさくない場所もあると思います。

いろいろ試して自分なりのブログを書くスタイルを見つけていくのも面白いと思いますよ。