2dclip

就職氷河期世代フリーターのなんとか仕事をしないで生きる方法を見つけるブログ

自分に合わない会社だなあと思う瞬間

スポンサーリンク

f:id:twodclip:20180108181235j:plain 期待と不安が交錯するなか、初出勤日から印象の悪い会社っていうのがあったりします。
たいてい、その印象の悪さって後になって現実に問題が発生して、不安的中したりするんですよ。
※個人の感想です。

トイレが暗い会社

トイレが暗い会社って、なんとなく風通しが悪い感じがするんですよね。

電灯が暗いとか、壁が昔の小さなタイルを貼り合わせたような感じのトイレの会社って、なんとなく従業員を大切にしない会社という感じがしてしまいます。
あと、和式だけっていうところも。

トイレって、基本的に従業員が主に使うような場所なので、そこに金をかけないということは、それだけの会社なんじゃないかなと思っている部分があります。

従業員に掃除をさせる会社

トイレに共通するところなんですけど、個人経営以外のところでそこそこ人数がいるのに、清掃業者を雇ってないような会社もケチだなあと思います。

あと、清掃をアルバイトだけにやらせる会社っていうのも、クソですね。

ある会社は、清掃をアルバイト内で当番制でさせて、なおかつ、朝早くきてしなければならないというようなところもありました。
ここは、日報も休み時間に書いてねという、ものすごく労働と時間に関してルーズな会社だなあと思いました。

社訓を読み上げる会社

社訓を読む程度だったらいいのですけど、社訓についている本の一節を読んで、それに自分の感想や経験を語るなんていう時間は本当に無駄の何者でもないと思うんですよ。

接客業ならある程度は仕方がないかなあとは思いますけど、事務職でそれをやってもなあと思います。

基本的に、小さい頃から団体行動が嫌いだったので、そういった組織の団結力みたいなことを言われても、全然響かないんですね。

というか、体育会系の会社って、経験上ろくなことがなかったので、大嫌いです。

初日から残業をさせる会社

初日から残業をさせる会社というのも、どうかと思います。

スキルがあるから頼むみたいなことを言われましたが、なにがなんだかわからない状態で仕事をふられて、途中大きな問題が発生し、長い時間残業をしたのに達成感が全然感じられませんでした。

うまくいけばいいのですけど、結局失敗する原因になることが多くて、お互いの印象が悪くなると思うのです。

それに、まさか初日から残業をするなんて思わないので、予定を入れてあったりすると最悪です。

サービス残業をさせる会社

この会社は、訳がわかりませんでした。

アルバイトなのに時給が発生しない1時間の残業がありました。

だからといって、その無駄な1時間も事務作業、軽作業とせわしなくて、おまけに事務職は勤務中の無駄話禁止みたいなルール(なんか先輩が勝手に作ったみたいだった。営業職は雑談OK)があったりして、息苦しい会社でした。

放置しすぎる会社

出勤日に出勤をしてみると、仕事の割り当てが決まってなくて、長時間放置されるなんていうこともありました。

もちろん、最初なので、雰囲気に慣れてもらうため仕事を割り振らないとか少ない仕事を与えるみたいな説明があれば全然不安じゃない(実際そういった会社もあった)のですけど、席だけ座って、あとは放置みたいなときがあって、こちらから言ってみたこともあるのですが、それでもなお放置プレーが続いた会社もありました。

出勤日は決まっているのだから、段取りくらいつけておいてよと思いますが、そういった会社も従業員を大切にしない傾向がありますね。

合わない会社=従業員を大事にしない会社

あらかじめ言っておきますが、こういった会社はいずれも短期間で辞めていますが、それだけの理由では辞めていません。
その辺は誤解しないでください。

いずれにせよ、こういった入ってみて「あれ?」と思う会社は、その後人格を否定されるようなことがあったり、ミスを自分に押しつけてきたり、
なんだこのクソ会社は!
と思うようなことが起こっていたりします。

できる限り避けているつもりでも、実際に働いてみないとわからないことが多く、そういう傾向が見られる会社にあたると、どうしても身構えてしまいます。

今年は、そういった会社に巡り会いませんように。